形成外科

  1. HOME
  2. 診療内容
  3. 形成外科

形成外科

形成外科は、あまり耳慣れない言葉かもしれません。
形成外科は、生まれつき、もしくはケガや病気によって起きた「見た目」の色や形にかかわる治療をします。

例えば、ほくろやアザを取り除く治療や、皮膚がん、顔面骨折や先天性奇形の手術などです。
ケガや手術後の痕が、できるだけ目立たないように治療することも得意としています。

  • アザの除去

    アザの除去

    院長は大学病院で小児から成人までのアザの治療を中心に行っていました。
    アザには、生まれたときから時間の経過とともに徐々に薄くなっていくもの、成人まで残ってしまうもの、あとから出てくるものなど、いろいろなタイプがあります。

    レーザーや治療技術の進歩により、今では多くのアザが治療できるようになっています。

    アザの治療は基本的に保険が適応になります。消したほうがよいアザもありますので、気になる場合は、お気軽にご相談ください。

  • できものやほくろの除去

    できものやほくろの除去

    ほくろは、身体のさまざまな場所にできます。ほとんどの場合は放置していても問題ありませんが、ごくまれに悪性化することがありますので、ご注意ください。

    皮膚にできるできものは、切り取ることが基本です。外科で処置も可能ですが、当院では形成外科的に傷跡が目立ちにくく、残りにくいように処置することができます。

  • 傷跡の治療

    傷跡の治療

    切り傷やすり傷、やけどや手術の痕をきれいに修復し、目立たなくさせる治療を行っています。傷跡が赤く盛り上がりかゆみを伴う場合、ひきつれがある場合など、保険で治療ができることが多いです。
    基本的に痛くないようにテープや注射、お薬などで治療を進めるようにしています。

    難しい場合も多いですが、古い傷でもあきらめずにご相談ください。

  • 眼瞼下垂の治療

    眼瞼下垂の治療

    まぶたの筋肉(眼瞼挙筋)の力が弱くなり、目の開き具合が左右でそろわなくなったり、眠そうな目になったりします。頭痛の原因になったり、目の疲れを感じやすくなったりします。
    病気の一種ですので、保険で治療ができます。

    眼科でも治療を行っていますが、当院ではまぶたを上げるだけでなく、「手術後のきれいな二重の状態」を最終目標として治療を行います。

豆知識

整形外科と形成外科の違い

「けいせい」と「せいけい」で言葉が似ているのに加え、「美容整形」という言葉があるのでわかりにくいですよね。

簡単にいうと、
形成外科は「見た目」の治療をする診療科で、ここに美容整形の治療内容も含まれます。
整形外科は「骨や筋肉」の治療をする診療科で、腰痛や肩こり、骨折などの治療を行います。

当院は形成外科として、身体の表面や「見た目」の治療をいたします。

クリニック案内CLINIC

    • 皮膚科
    • 形成外科
    • 美容皮膚科

    〒503-0833 岐阜県大垣市長沢町5-15-1

    いいひふ
  • 診療時間
    09:00~12:00
    15:30~18:30

    ◎土曜午後は14:00~16:00 休診日:水・日・祝
    ※月火木金 14:00~15:00【予約】処置・手術

  • Calendar Loading

    :休診日 :午後休診 :その他

  • WEB予約はこちら初診もOK!! 診察の順番が予約できます!
  • まさきクリニックブログ 詳しくはこちら
  • クリニック案内

    交通アクセス