あざ治療

  1. HOME
  2. 診療内容
  3. あざ治療

生まれつきのアザを気にされている方、
お子さんのアザを見て、どうしたら…と悩んでいる方へ

生まれつきのアザを気にされている方、お子さんのアザを見て、どうしたら…と悩んでいる方へ

手術しかなかった昔と違い、今はレーザーで「色を抜く」治療ができるようになりました。
傷跡も残らず、短時間で痛みも少ないため、新生児期から治療をはじめることができます。
あざの治療は年齢にかかわらず、基本的に「保険診療」です。

あざの種類はたくさんあり、それぞれに治療法が異なります。
レーザーで消えるのか、残るのか、濃くなるのか、手術が必要なのか…
治療をするなら、いつ、どのくらい行えばいいのか…

愛知医大であざの治療を専門に行ってきた院長が、あざのタイプを見きわめ、適切な治療を行います。

あざの種類

  • 赤あざ

    いちご状血管腫
    単純性血管腫
    毛細血管拡張症

  • 青あざ

    太田母斑
    異所性蒙古斑
    外傷性色素沈着

  • 茶あざ

    扁平母斑

  • 黒あざ

    色素性母斑

  • いちご状血管腫

    生後1~2週間で出現する赤あざの一種で、いろいろなタイプがあります。赤い斑点が現れて急速に広がり盛り上がってきます。徐々におさまりますが、血管腫のなごり(盛り上がりやたるみ、しわ)が目立ちやすいため、早めの治療をお勧めします。

  • 単純性血管腫
    (ポートワイン母斑)

    生まれたときからある赤いあざです。自然に消えることはありません。思春期以降に色が濃くなったり、盛り上がってくることがあります。

  • 毛細血管拡張症

    主に成人に見られます。
    両方の頬が赤くなった状態(赤ら顔)のものと、鼻の周り・鼻の下・頬などに糸くずのような細い血管が浮いて見えるタイプとがあります。

  • 太田母斑

    顔の周りにできるあざです。あざの深さによって灰青色~青~黒~褐色など色が異なります。自然に消えることはありませんが、レーザー治療効果が最も高いタイプのあざです。

  • 異所性蒙古斑

    蒙古斑は新生児の腰やおしりに見られる青あざで、生後4~5ヶ月に最も色調が濃くなり、10歳ごろまでに薄くなっていきます。しかし、手足や腹部、顔にできたものは、自然に薄くなることは少ないのでレーザー治療で治します。

  • 外傷性色素沈着

    皮膚の中に砂やアスファルトなどの色素が閉じ込められてしまったものです。
    レーザーで刺青物質を取り除きます。

  • 扁平母斑

    生まれつきの茶色のあざで、全身に見られます。カフェオレ斑とも呼ばれます。成長とともにはっきりし、生涯消えることはありません。再発する例も多いですが、根気よくレーザー照射します。

  • 色素性母斑
    (母斑細胞母斑)

    黒色~黒褐色のあざで、全身に見られます。盛り上がっているものや、剛毛が生えている場合もあります。小さいものでいえば、ホクロもこの一種です。がんとの見分けが必要な場合があるので、きちんとした評価が必要です。

    レーザーよりも手術のほうが治療結果がよい場合もあります。

あざ治療例

青あざ(異所性蒙古斑)

青あざ(異所性蒙古斑)

青あざ(太田母斑)

青あざ(異所性蒙古斑)

黒あざ(色素性母斑)

青あざ(異所性蒙古斑)

黒あざ(色素性母斑)

青あざ(異所性蒙古斑)

赤あざ(いちご状血管腫)

青あざ(異所性蒙古斑)

赤あざ(単純性血管腫)

青あざ(異所性蒙古斑)

アザ料金表

施術名 健康保険3割負担
赤あざ 単純性血管腫 毛細血管拡張症 ¥6,500~¥13,000程度(範囲により異なる)
ADM 太田母斑 蒙古斑 扁平母斑 ¥6,000~¥12,000程度(範囲により異なる)

「子ども医療費助成」対象の方の自己負担はありません。
ただし、岐阜県外からお越しの患者様は、一旦窓口負担分をお支払いいただき、後日、お住まいの市町村(市役所など)で払い戻し手続きを行います。

よくあるご質問

よくあるご質問

何歳から治療できますか?

生後すぐから治療できます。

幼いときのほうが、皮膚が薄くあざの範囲が小さいために治療効果が高く、早めの治療が望ましいと考えられています。また、いちご状血管腫など、なるべく早く治療を開始したほうが、治療効果の高いあざもありますので、早めの受診をおすすめします。

目の周りでも治療できますか?

治療時は保護眼鏡や特殊なコンタクトレンズで保護しますので、治療可能です。ただ、コンタクトの装着ができない小さなお子さんの治療は、設備の整った連携病院へ紹介します。

痛みありますか?

痛みはあります。痛みの程度は、あざの種類や濃さ、使うレーザー機器によって異なります。麻酔クリームやシール、注射で痛みを和らげることができます。

どのくらいの費用がかかりますか?

あざの治療は、基本的に保険診療です。こども医療費対象の年齢であれば、自己負担はありません。

クリニック案内CLINIC

    • 皮膚科
    • 形成外科
    • 美容皮膚科

    〒503-0833 岐阜県大垣市長沢町5-15-1

    いいひふ
  • 診療時間
    09:00~12:00
    15:30~18:30

    ◎土曜午後は14:00~16:00 休診日:水・日・祝
    ※月火木金 14:00~15:00【予約】処置・手術

  • Calendar Loading

    :休診日 :午後休診 :その他

  • WEB予約はこちら初診もOK!! 診察の順番が予約できます!
  • まさきクリニックブログ 詳しくはこちら
  • クリニック案内

    交通アクセス